同じ名字の二世帯はどうする?表札とポストの設置について

同じ名字の二世帯住宅 表札とポスト

二世帯住宅、それも同じ名字だと表札は悩みどころ。

同じ名字を2つも並べるのって変?
郵便物はどう受け取ればいい?

二世帯住宅の表札の出し方、ポストの設置方法をできるだけわかりやすくまとめました。

何のために表札を出すのか目的をハッキリさせましょう

 

二世帯住宅で表札・ポストは重要!

二世帯住宅における表札とポストの役割は3つ。プライバシーを守る、スムーズな配達、お客さんへの配慮です。

プライバシーを守る

手紙や宅配が二世帯ごっちゃに届くと受け渡しが面倒です。

ポストの中身はダイレクトメールや光熱費の明細、役所からの通知などなど…個人情報のオンパレード。

勝手に郵便物開けるタイプの家族がいるとまた面倒。その気はなくても間違って開けちゃうことも考えられます。

配達員さんへの配慮

二世帯住宅は誤配が起こりやすい、配達員さんにとってわかりにくい状態です。

毎日莫大な量の郵便物をさばいているんだからパッと見でわかるような表示にしてあげたい

訪問客を迷わせない

お客様がいらしたときに「どっちのドア?」と迷わせてしまっては申し訳ないもの。

間違って違う世帯にコンニチワなんてしたくないですしね。

表札とポストをうまく組み合わせ、「誤配を減らし、訪問客にやさしい」家にしましょう

まずポストを一緒にするか考える

表札の前に、ポスト問題は考えてありますか?

ポストを統一するかどうかが決まれば、表札の出し方も考えやすいです。

完全同居ならポスト統一

二世帯のポスト 1つ

完全同居はポスト同じでいいでしょう。玄関も居住スペースも同じなんですから。

生活はほぼ一緒でも勝手に郵便物を見られるのは…という人は分けてもOK。

一部分離・完全分離ならポストは分ける

二世帯のポスト 2つ

分離しているなら郵便物の受け渡しの面倒を避けるためにポストは分けたほうがいいです。

せっかく二世帯にしたのに毎度郵便物を仕分けなきゃいけないなんてナンセンス。

プライバシーの塊である郵便物。うっかり見られて光熱費使いすぎ〜とか、不在票でまた通販したの?とか。いらない詮索はお互いにしたくないもんです。

家の中を分割してるなら郵便物も分けてしかるべき。

特に通販を多用する人なんかはポストを分けましょう。
子育て中だったりするとなおさらで、Amazon楽天ネットスーパー、いろいろ頼りますからね。自由に注文するためにもぜひ分けておきたいところ。

同じ名字の表札・ポストの設置方法

では、どう表札を出すかです。

参考に画像をつけて紹介しますが、表札とポストの組み合わせかたは自由。

誤配防止のためには表札にこだわらず、ポストに直接名前や方書き(1F/2Fなど)を入れるのも手です。

配達員さんに伝わればOK!

完全同居

【基本は表札ポスト1セット。ポスト分離も可能だが名前表示が必要】

二世帯住宅 表札

もはや普通の一戸建てと同じであります。
郵便届ける側にとっては一番面倒がないですよね。

ポストを分けることもできますが、名前を載せておかないと分別してもらえません。

玄関共有

【基本は表札ポスト1セット。ポスト分離なら名前表示か方書き表示。】

二世帯住宅 表札

玄関ドアが同じなら、ポストは1つのほうがわかりやすい。

だけど二世帯らしくちゃんと分けたいんだよ~…というときは、ポストを2つにして1F/2Fの階数や名前を明示しておくことです。

郵便物の宛名に階数を書いてもらったり、名前で分けて投函してもらえれば大丈夫。

完全分離、玄関2つ

【表札・ポストともに1、2セットどちらもOK。全員の名前を表示も…】

二世帯住宅 表札

一番応用がきくのが完全分離・玄関別のかたち。

表札は1つ、2つどちらでもOK。ポストは2つのほうが便利です。1F/2Fや名前を表示しておけば間違われる確率は減らせます。

二世帯住宅 表札

表札自体に家族の名前を書くのも郵便にはわかりやすい。

ただ名前を出すやり方は、わかりやすいと同時に防犯面が気になることも…世帯構成がバレバレになるのであまり気持ちよくない。

表札とポストのベストな組み合わせ

重要なのは二世帯だということ、どちらのポストを利用すべきかを伝えること。

そこで表札とポストの組み合わせの相性を表にしてみました。

  • ○=使いやすい
  • △=基本的に問題ない
  • ×=使いづらい、工夫がいる
 表札1つ表札2つ表札名前
ポスト1つ
ポスト2つ×

表札が1つ、ポスト1つの場合は完全同居とイコールとして良いでしょう。

表札が2つの場合はポストは1つでも2つでも問題ありません。逆にポストを2つにするなら表札は分けたほうが便利です。

ざっくり言えば、ポストと表札の数は一致しているのが好ましいということですね。

来客や配達員の方のためのものなので、ひと目でわかる形にするのが理想です

郵便物を正しく届けてもらうポイント

表札とポストの出し方はいいけど、名前は出したくないし、1F/2Fと書いてもちゃんと届けてもらえるの?

そもそも宛名に方書き(階数とか)を書いてくれないと判別できませんよね。

馴染みの配達員さんなら「誰々さん宛はこっちのポストだな」と覚えてくれたりもしますが、それは期待しすぎなので。

宛名を二世帯仕様にする方法をお伝えします。

住民票を分け、住所を工夫する

根本的に住民票を分けてしまう方法です。
世帯ごとに住所を変えてもらうので世帯分離が前提になります。

住民票の住所を「○○市○○町1丁目1番1号 1F(または2F)」などにするんです。アパートの部屋番号のイメージですね。

役所の担当者からNGが出なければ使えます(実際に階数表記しているお宅もあるので大丈夫かと思いますが…)。

住民票の変更タイミングとしては、新築時・引っ越し時・随時…いつでも可能。

役所関係(保険証や納税通知、保育や介護関係など)の書類は住民票上の住所に届きます。

住民票はあくまで「実際の生計に合った設定」が原則。
二世帯で家計を一緒にしているなら世帯分離はできないことになってます。

それに住民票上の世帯を分けるかどうかで保険料や行政サービスに影響が出る可能性があるので、よく吟味してくださいね。

通販などの住所欄を工夫する

住所そのものを変えるのはちょっと…なとき。

Amazonや楽天で買い物するとき、住所欄の最後に「1F」「右玄関」などと書いておけばOK。

お手軽かつデメリットはありません。

管理人宅の表札とポスト

ちなみにわが家では「表札は1つ」「ポストは2つ」で運用中です。

二世帯住宅 表札
これに近いですね。ポストを別々にするのは最初から決めていました。

表札は子世帯にのみ付け、親子世帯ともにポストに世帯員の名前シール(テプラとか)を貼って差別化してます。

本当は表札も2つにすればいいんでしょうが…ケチって施工業者に頼まなかったのでそのままになってます。

表札が1つしかないので、 対策として

  • 前述の通り、ポストに名前のシールを貼る
  • 郵便物の宛先に「右玄関」など指定する

を取り入れています。

ポストに貼ったシール(テプラとか)は読み飛ばされて間違って配達されることもしばしば。小さいからね。
誤配達は時とともに少なくなりました。

宛先に玄関の場所を書くほうが間違いなく届けてもらえます。

まとめ:人にやさしい玄関口を

表札、ポストは家の名刺みたいなものです。二世帯住宅に住むなら、見やすく、わかりやすくを目指しましょう!

…何度も間違えられた我が家が言うのもお恥ずかしい話ですが。

二世帯住宅に使いやすい表札はコレ!

二世帯で使いやすそうな表札はないかな~と調べてみました。

表札 素敵なシルエットのデザイン表札セラウェーブがエントランスを飾る 二世帯

表札屋カロカロウさんの商品です。文字を上下に分けて印字できるので、柔軟なデザインができます。

二世帯住宅 表札

勝手にイメージ画像

1つの表札で「名字 1F/名字 2F」にしてもいいし、2つ買って「名字/1F」「名字/2F」とそれぞれ貼り付けてもよさそう。

楽天のレビュー評価も高く(1,000件近くある)、タイル製なので美観・耐久性も問題ないでしょう。

ここまでご覧いただきありがとうございました!

コメント