ゼロからはじめる・ホンネの二世帯情報リビングポッケ二世帯住宅

現在サイト更新処理中のため、一部ご利用いただけないコンテンツ・リンクがある場合があります。

にかいらま

にかいらま

2016年から完全?分離の二世帯住宅に住んでいます。

横になると体が痛い…妊婦用マットレスは妊娠後期の救世主!【入院・自宅用】

妊娠・子育て

妊娠中に知ってたら絶対使ったのに…!知ったのが遅すぎた…!

妊婦さん・これから妊娠予定のあるかたは必見です。
確実に助けになるそれは、妊婦用マットレス!!

西川リビングのはっぴーマムというブランド?から出ているエンジェルサポートマット。 ありそうでなかったやつです。

なお、健康優良妊婦さんで腰痛なんてないよ?という羨ましい方には不要な情報でございます。

妊娠後期はとにかく腰が痛い

出産経験のある方はお分かりかもしれません。 いや、わたしのように出産したけど忘れた人もいるかもしれません。

妊娠後期は腰痛に悩む!腰が痛い!!

初期・中期から痛くなるパターンもありますが、 大抵は8ヶ月9ヶ月あたりにしんどさを文字通り「痛感」します。

なんで痛くなるのか? 体重増えるわお腹が出るわ姿勢が変わるわホルモンがうんたらかんたら… 妊娠したら仕方ないのです。

仕方ないけど痛いのはつらい。 あと数ヶ月で出産だし、と耐えようとし… 耐えられないことはないんですが…つらいんですよね。

寝返りで体勢変えようにもお腹が重くて寝返りにくい。 その上、お腹が張ったりすると気が気じゃないわけです。

お母さんの体調不良は赤ちゃんにも良くないですから、体に負担のない寝具を使いたいですね。

切迫早産などの長期入院に必須!?

わたしはお腹が張りやすい体質で、34週で張りがおさまらず切迫早産と診断。 2週間入院しました。

そのときに強く感じたのは 病院のベッド(マットレス)固すぎ!!ということ。

(なんで切迫で入院してるのにこんなに固いマットレスなんだ…病院で横になると体が痛いっておかしいだろ…) とモヤモヤしていました。

同じく枕も固く、そのときは枕だけ自宅から持ち込んで乗り切りました。 2週間の入院だったから我慢できたものの、もっと長期だったら真剣にマットレス交換を考えていたでしょう。

もちろん病院によって寝具の持ち込みの可能不可能があったり、病院内に換えのマットレスがある場合もあると思います。 ので、すべてのケースには当てはまらないでしょうが…

妊婦用マットレスはもしもの入院の備えにもなります!

一部の産婦人科ではエンジェルサポートマットを取り入れているそうです。いいなぁ。

エンジェルサポートマットは何が特別なのか

寝具にはこだわりがある、既に良いマットレスを使っている。 そう、それでも腰痛は襲ってくるのです。

わが家は昭和西川のムアツ布団を愛用しています。 体圧をほどよく分散してくれてとても寝心地良いです。買ってよかった。

でもやはり妊婦用ではないんですよね(病院のマットレスより何倍もいいけど…)。 重いお腹が苦しくなります。

ですが、エンジェルサポートマットは妊婦さんに最適化されている。お腹や腰にあたる部分が柔らかくしてあるので、ちょうどよく沈んでつらさを和らげてくれるのです!

公式サイトの体圧画像を見ると、圧力がうまく分散されているのがよくわかります。

20 4

出典:西川リビング はっぴーマム

西川リビングと妊娠出産の専門家のかたが開発した、というのもポイントですね。 個人的に西川の名のつくブランドは質が良いと感じてます。

妊婦さんは要チェックのマットレスですよ!

妊娠予定のかた、今まさに妊娠中で腰痛に悩むかた… ぜひこのマットレスを検討してみてください!

お腹と腰は大事です。 苦しい体勢を無理に続けるのは負担になります。

今更ですが、わたしも子供産む前に知りたかったです。 知ってたら絶対買いました。 横になれば楽になるなんて幻想でしたもの…

長い人生のいっときとはいえ、一番大切な時期。

母子ともに楽な状態がベスト。 少しでも快適な環境を整える、わがままをしてもいい時期だと思うのです。

それに産後使えなくなることはありません。 マットレスの中身を入れ替えることで普段使いにもOKです。ありがたい!

ただ、赤ちゃんはベビー布団を用意してあげてくださいね。 ベビー布団はちょっと固めなので顔が沈んで息ができない、なんて事故が防げます。

世のお母さんと赤ちゃんが気持ちよく過ごせますよう。 健康は一生モノであります。

エンジェルサポートマット公式サイトを見る