ゼロからはじめる・ホンネの二世帯情報リビングポッケ二世帯住宅

現在サイト更新処理中のため、一部ご利用いただけないコンテンツ・リンクがある場合があります。

にかいらま

にかいらま

2016年から完全?分離の二世帯住宅に住んでいます。

新聞紙ストッカーを自作しました

DIY(インテリア・家具系)

新聞紙の保管場所がいまひとつ定まらず、適当なプラスチックのカゴ?のようなものに積んでおりました。

このままではいかんよね〜と思いつつしばらく経ち… 既製品を買おうにもなかなか高い気がして手を出せず。 ようやくDIYしてみようかな!という気になりました。 といってもすのこを使った簡単DIYです。

準備したもの

ダイソー

・すのこ40cmx25cmを2つ ・すのこ30cmx31cmを3つ ・キャスター付き花台(200円商品) ・丸棒直径1.5cm ・L型金具 ・黒の油性ペン(無くてもいい) ・蝶番

自前

リンクは購入先Amazonです ・短いネジ ・刷毛 ・結束バンド ・タッカー ・好きな布 ・小さな端材みたいなもの ・和信ペイント 水性ポアーステイン オールナット 130ml ・バターミルクペイント-BLACK 200ML ・ドライバー(インパクトも) ・ホールソードリルビット20mm径 ・キーレスドリルチャック(上のホールソーがインパクトドライバーに入らなかったので間に噛ませました) その他DIYにに最低限必要な工具を紹介している記事もご参考にどうぞ。

新たに買ったのは100均商品だけなので、税抜1100円で作ったことにはなります。 ホールソーやドリルチャックはマイナー道具かもしれませんが、たまに役立つ時がくるんですよねぇ…

つくってみよう

だいたいの枠組み

image いきなりですが。 正方形に近いすのこを土台と裏側、長方形のすのこを左右に組み立てます。 新聞紙を入れても多少余裕が欲しいと思って正方形の外側に長方形を付けましたが、内側でも間に合ったかも。 image 木工用ボンドでくっつけてかつネジ止め…といきたかったけど、すのこのサイズが微妙に違ってぴったりくっつきません。実質ネジ止めだけかな。 形になればいいので、一つの面で適当に2,3箇所ネジ止めします。

すのこは薄いので小さいネジを使って、更に位置に気をつけないと飛び出ます。ちょっと飛び出た。

image 裏面にキャスター付き花台を取り付けます。 結束バンドで何箇所か固定しただけ。

image ポアーステイン塗りました。うん、花台付ける前に塗ったほうが塗りやすいし綺麗にできるよね… でも底面は汚くても気にしない。

image 底面にタッカーで布を張りました。 サイズを合わせた布を打ち付けただけで超お手軽です。 image

唐突に思いつき、角にL型金具を付けて補強してみました。

前のカーテン部分

image

ホールソーで画像の位置に穴を空けます。 この穴に丸棒を通して簡易カーテンにしようと思います。 安いものだからか?なかなか時間がかかりました。高いのだと切れ味もいいんだろうか… image 通す丸棒。横幅より少し長いくらいにカットして黒く塗りました。 塗料出すのがめんどくさいので油性ペンで塗っちゃいました。 image

カーテン用の布。画像手前側のように、折り返して丸棒を通す輪を作ります。 ここも面倒なのでミシンは使わず両面テープで止めただけです。

蓋を作る

image 蓋用のすのこ。 もう一枚の正方形ぽいすのこを三枚の板をつなげた形に切断。そのままでもいいけど、蓋として付けた時に大きくて邪魔かな?と。 こちらはバターミルクペイントで塗りました。 image 蓋のサイズが枠の内側と同じなので、そのままだと落っこちる可能性があります。 崩落防止のために蓋の下に当たる部分にコルクの切れ端を貼りました。貼るのはなんでもいいです。 image 100均の蝶番を蓋と本体に取り付け。商品にネジもついてました。 蓋を開け閉めするか、あると便利なのかはわからない(笑)けどとりあえず付けとけ、ってことで。

だいたい完成〜

image ひたすらすのこで作ったストッカー、完成です! カーテンは前から新聞を隠したくて付けて、蓋は上が寂しいから付けてみた。 計画性もなにも無く作りながら考える状態でしたが、そんなでも形にはなりました。 花台のキャスターが結構クルクルと可動性がよいです。すのこなので本体が軽いのもいいかな。強度はあまりなさそうなので、過積載に注意かも。 装飾するかなどは今後のんびり考えるとして、欲しかった新聞紙ストッカーが作れて良かったです。